売却不動産募集中

0120-666-542

インターネットからのお問い合わせ

店舗売買について今すぐ相談!

0120-666-542


インターネットからのお問い合わせ

※価値をお約束するものではございません。

閉店・移転をお考えのオーナー様、
ご存知ですか?

お店を閉じるには
予想外のコストがかかります!

あなたがお店を閉店・移転する際、お店を閉じるからといって、シャッターを閉めるだけではありません。

設備の整理や看板・装飾の撤去、内装の取り外しや店舗の解体など、やらなければいけない事は沢山あり、それに伴うコストと手間は避けられません。

  • 売買店舗例1
  • 売買店舗例2
  • 売買店舗例3
  • 売買店舗例4
  • 閉店にかかる3つのコスト
  • 保証金賠償
  • 解体・原状回復工事
  • 解約予告後家賃

内装を売却すれば退店時の費用を軽減し、
さらには資金を手元に残せることも!

  • 退店時の費用が軽減!

    メリット1
    退店時の費用が軽減!

    通常、退店するときは原状の回復費や解約予告後家賃、保証金の償却などで、予想以上の費用がかかります。
    造作の承継者がうまく見つかれば、これらの撤去費用が軽減されるばかりか、造作の状態によっては売却出来る事もあり、その代金をその他の費用に充てることも可能です。

  • 迅速にマッチング

    メリット2
    迅速にマッチング

    弊社のネットワークにより、出店希望者へマッチングはもとより、ご希望に応じて居抜き店舗の売却を得意とする提携企業との連携によりマッチングチャンスを短期間に増大させることも出来ます。
    契約の切り替えに要する時間の短縮が、次のチャレンジに大きなメリットを生みます。

通常閉店と内装売却時のメリット比較例

モデルケースの賃貸物件

比較

この差は大きいですよ!

店舗売買について今すぐ相談!

0120-666-542
インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせ からの 無料査定!

店舗売買までの
3ステップ

  1. お問い合わせ

    step.1お問い合わせ

    まずはゼネラルコーポレーション株式会社へお問い合わせください。
    下記のような方も、是非ご連絡をお待ちしております。

    1.まだ閉店を決定したわけではないが、事前に知識を得ておきたい。
    2.閉店自体を迷っている。
    3.お店を売りたいわけではなく、自社の所有してる物件を貸したい。

  2. お問い合わせ

    step.2ご面談・無料査定

    スタッフがお店に伺い、閉店する際の準備に関してのアドバイスや査定をさせていただきます。所要時間は30分~1時間ほどです。
    伺った際にご用意をして頂きたい書類がありますので、ご用意をお願いします。

    1.賃貸借契約書(必須)
    2.図面のコピー(あれば)

    伺ったからといって、必ず依頼しなければならないという事はありませんのでご安心ください。
    あくまでも、事前にお話しを聞いた上で依頼するかどうかのご判断を頂ければ結構です。

  3. お問い合わせ

    step.3売却方法の決定

    条件にご納得頂けましたら契約成立となります。

こんな方に最適

  • 原状回復費用や後家賃など、閉店にかかる費用と時間を少しでも抑えたい方
  • 思い入れのある造作を無駄にしたくないので、誰かに使用して欲しい方
  • 採算の取れていない店舗を売却して、企業(お店)の利益体質を改善した方
  • 突然にスタッフが辞める事になってしまい、お店の運営に支障をきたしている方。
  • 移転を考えている方。移転先も同時にお探しします。
  • 現在のスタッフ(パート・アルバイト・従業員)を引き継いで頂ける方をお探しすることも可能です。

店舗売買について今すぐ相談!

0120-666-542
インターネットからのお問い合わせ